draconis

DREAM

3日分しかない・・・。
地震後からあまり夢を覚えていられなくなってしまいました。
●2011年 5月12日(木)
白い室内、上方にある四角くて大きな窓から暗い空を眺めている。
すると、人工衛星が流れていく。
割とゆっくりだったし大きかったし、しっかりと見れた。
光の尾を引いていて綺麗だったし初めて見たしで、とても興奮。
気付くと空に無数の大きなデブリが見えている。
その光景にも大興奮。
外へ飛び出して知人にそれらのことを話す。
その矢先、上空にピカピカ電飾のように光るUFOが。
もう大興奮。
楽しくて騒いでいると、近くがなんだか騒がしくなっているので見に行くと、
たくさんのUFOが着陸していて、地球を侵略しようとしていた。
・・・おわり・・・

●2011年 5月17日(火)
スフィアのライブ。
レンガでできた屋外ステージ。
場所をいろいろ移動するが、人が多くてなかなか見えない。
・・・・・
女性二人と行動。
車に乗る。
わたしは後部座席。
助手席にはへんな人形。
その不審さに警官に止められるが、誤解がとけた。
そして車は動き出したがなぜか警官も車に乗っていて、
もういいから止めてくれないか?と言われるも、運転手の女性は「無理です」という。
気がつけば車(とその周辺の景色)はTDLのハニーハントぽくて運転など出来ず、ただただ流れに任せるだけ。
床にはいくつもスリットがあって、そこに入ると下の階層に行く。
わたしたちの車がスリットに入った。
まるでジェットコースターのように急斜面をすごい勢いで降りていく。
距離はそんなに長くなかったが、フワッとする感覚もあってすごく怖かった。
下の階層でもまたいくつもスリットがあって、もう嫌だ、と思う。
・・・・・
だれか若めの女性が無事出産。
・・・おわり・・・
●2011年 5月31日(火)
イラストを描く為にその対象人物たちを写真撮影する(それをトレースするつもり)。
風呂場で撮影する予定だったが人数が多くて撮影困難だったので外で撮影することに。
人物たちに1列に並んでもらう。
真ん中は男の子、その両側は女の子で右側はエリオ(その他の人物たちはよく分からない)。
エリオがすごくいいポーズをしてくれている。
・・・・・
夜のどこかの丘の上、ウサギのきぐるみたちが居る。
目の前には(遊園地のアトラクションの)バイキングがあって、茶色いウサギと手をつないで走って乗り込む。
わたしは両側ウサギに挟まれてぎゅうぎゅう。
バイキングが動き始める。
わたしは基本的に絶叫系は苦手だから、怖くてウサギの手をぎゅっと掴む。
でもだんだん怖くなくなってきて振り幅が大きくなるころには楽しくなっていた。
周りの景色をみると、夜空には宇宙のような星空が広がっていてウサギと「すごいね!」と言う。
わたしは流れ星をみつけてウサギに「あそこ流れ星!」と教えるが、
よく見たら飛行機だったので「飛行機だった!」とまたウサギに伝える。
遠くの景色を見ると、新宿のビル郡のような場所が浮いているように見え、ウサギと「ラピュタみたいだね!」と話す。
すごく素敵な景色に囲まれた楽しい時間。
まるで恋でもしているかのような気分。
バイキングから降りて改めて夜空を見上げると、さっき見えていた宇宙のような空ではなく、普通の夜空だった。
(effeさんのこの曲がぴったりでした → 【初音ミク】 twinkle night stars 【オリジナル曲】 )
・・・おわり・・・

●2011年 4月2日(土)
映画館の物販みてる。
・・・・・
スーパーの地下の野菜売り場(代々木上原の丸正みたい)で、
スーパーの店長のおっさんと戦う。
跳びまわって逃げたり追いかけたり。
・・・おわり・・・
●2011年 4月5日(火)
演劇に出演。
楽屋へ行く。慌ただしい。
・・・おわり・・・
●2011年 4月6日(水)
怪談カフェ。
暗い道路沿いの箱形の白い建物。
右の方に入り口があって、壁一面にお岩さんみたいな幽霊女性の顔がでっかく描かれていてライトアップされている。
中に入ると、中も白基調でおしゃれな感じ。
だが不安感がある。
女性店員は白装束の幽霊の恰好。
わたしは席に案内されようとするが、何か怖くて嫌がる。
・・・おわり・・・
●2011年 4月22日(金)
マンハッタンの港で誰かと会う約束。
具体的な場所も相手も分からないが、とりあえず行ってみたら会えた。
・・・・・
どこかの高層ビルの中。
外の景色は水没した町。横浜っぽい雰囲気。
水没したといっても、被災したって感じではなく少し幻想的な感じ。
そんな景色を眺めていると左のほうから水面を船が来た。
その船は全体的に電飾で飾っているのか、青くぼぉっと光っていてとてもきれい。
ほんとに幻想的。
手前のほうにはアトラションの小型ゴンドラみたいのが流れている。
どうやらディズニーランドのようだ。
・・・おわり・・・

●2011年 3月6日(日)
大きめのこぎれいなビルに、アート系オフィス用品展示を見にいく。
クリミナルマインドのJJ・プレンティス・ホッチと一緒にいく(俳優ではなく、役の彼ら)。
ビルに入ると入り口のところにガードマンが一人立っている。
広くて高い天井のロビーからエスカレーターで2階へ。
みんなばらけて各自展示をみてまわる。
見ているうちにプレンティスと合流。
だんだんなんとなく合流していく。
物販になっている展示棚があったので、みんなでそこに行く。
お菓子が入った人形やフィギュアがたくさんある。
ホッチが買い物かごを持っていろいろ選んでいる。
いくつかあるロボの人形を見て、これはなんのキャラクターなのかを聞いてきた。
わたしは、「こっちは分からないけど、こっちはロボ鈴木だよ。」と教えてあげる。
すると鈴木を沢山カゴに入れ始めた。
それを見ていると、あとの方から入れた鈴木はどうみてもリビッツでわたしは「?」となり、
壁に貼ってあったチラシを見たら、リビッツぽいやつにロボ鈴木と書いてあったから、
うん、まちがってはないんだな、と思う。
・・・おわり・・・
●2011年 3月7日(月)
森林公園みたいなとこを歩いていたら、膝に違和感が。
見てみると両膝にコウモリが止まっていて吸血している。
吸い終わるとコウモリはどこかへ。
膝の違和感はだんだん痛みへ。
・・・おわり・・・
●2011年 3月8日(火)
ペットショップで子パンダを見ている。
最初は茶色いツルツルな毛の子を見ている。
なでようとするとちょっと嫌がる。
次はパンダらしい白黒のモフモフな毛の子。
なでてみるとおとなしくしている。
とってもかわいくて買いたくなるが、値段が7万7千円で高いので迷う。
ケージの反対側に回って物色しながら迷っていると、
お店の人が来てその子が売れたという。
一瞬の間に!と驚く。
・・・おわり・・・
●2011年 3月11日(金)(東日本大震災)
宇宙に居る。
一緒にいる女性宇宙飛行士と地球をみている。
女性が、とある島を指して「あの島はもうすぐ水没してしまうの」という。
地球に戻ったわたしは、本当に沈んでしまったその島の破片を手にしてショックを受ける。
・・・・・
空を飛ぶ家に乗っている。
普通の家ではない感じ。
たくさんの人が乗っている。
進行方向前のほうの部屋に行くと、そこは床からガラス張りの部屋。
外が丸見え。
どんなところを飛んでいるかよくわかる。
一緒にいる子と わーっ と外を見ていると、
わたしたちがここに来たことにより家が少しバランスをくずしてしまい、大きく傾いた。
ぎゃー!
・・・おわり・・・
●2011年 3月18日(金)
ドーム球場のようなところで宇宙に関する展覧会。
盛況で、なかなか展示物(映像)が見られない。
順路を進んで行くと、床に水がたまっていて結構深い。
その中にはなにか生き物がいる。
その生き物の子どもが水面上にまで上がってきた。
・・・おわり・・・
●2011年 3月24日(木)
友達二人となにかのチケット引き換えにいく。
列に並んで待つ。
友達に話しかけても返事をしない。
チケットを引き換え終えて帰り道、
なんで無視するの!?と聞く。
友達は無言でこちらを見て「わからないの?」とでもいうような雰囲気。
すごく腹立たしい。
・・・おわり・・・
●2011年 3月29日(火)
昔住んでた家の間取り。
となりの部屋で黒と銀と飼い犬が寝ている。
わたしも一緒に寝たいが定員オーバーだということで、すごくくやしい。
無理矢理一緒に寝てみる。
・・・おわり・・・

●2011年 2月1日(火)
ショッピングモールでバイトすることになった。
担当のおっさんから「行けばわかるから。」と特になんの説明もなくタイムカードを貰う。
わたしはいきなりバイト初日を迎えることが不安だったので、その足で下見に向かう。
車で駐車場に向かう。
にぎわっていて、ひっきりなしに車が出入りしている。
車を停めて歩いていると、従業員入口があったので入るとタイムカードを切る機械があった。
これか、と一安心。
そして周りをみるとそこは従業員の休憩所で、たくさんの従業員が休憩している。
その休憩所は店内と続いていたので、わたしはそのまま店内に入る。
いろんなお店があって、セールをしている洋服屋があって、目玉はKOGのTシャツだった。
すごい人だかりで、わたしも物色したかったけど諦めた。
ほかには何かアニメキャラが描かれた派手なブルゾンがあって、
ちょっと欲しかったけどもうちょっと安かったらな、と諦めた。
別の店をのぞくと、そこは子供用の輸入おもちゃの店だった。
アグリードールのぬいぐるみがあって、テンションあがる。
そのほか雑貨屋などいろいろなお店を見て回る。
すると父親がこそこそ私をつけているのに気付いた。
どうやらわたしがここでバイトを始めるのを知って見にきたようだ。
わたしは本当にうざくて、来るな!ということをキツく言う。
今度は飲食店。
なんかおいしそうなおやつのお店があった。
一緒にいる人に(唐突に一緒にいた)あれ食べようよ、と言うと、
英語できないから何て注文したらいいか分からないよ、と言われ、そうだね、と諦める。
・・・おわり・・・
●2011年 2月2日(火)
川をくだる。
この川は町に氾濫してしまった感じ。
割とゆるやかだったが、段々激しくなってきた。
大きな波が壁を叩き付けている。
そんな激流下りをしていたが、俯瞰だったかもしれない。
・・・・・
おばあちゃんちの庭(?)に黒猫がいる。
かわいくて寝転がりながらなでなでしているうちに眠くなった。
・・・おわり・・・
●2011年 2月5日(土)
飛行機(旅客機)に乗っている。
空港から飛び立って、どこか河川敷のようなところを飛んでいる。
橋の下をくぐったりと低空飛行をしている。
おかしいと思って窓から外を覗くと、翼のとこから火がでてる。
やばい!
と思ったらもう墜落しそう!
だが、河川敷にうまく不時着できて、全員助かる。
・・・・・
これから飛行機に乗るので空港に向かう。
空港に着いたが、パスポートを忘れたことに気付き、絶望。
しかも誰かと待ち合わせをしているが、来ない。
・・・おわり・・・
●2011年 2月6日(日)
街にある自動発券端末でダフトパンクのライブチケットを購入しようとしている。
・・・おわり・・・
●2011年 2月9日(水)
登山グッズの店でなんか焼き肉みたいのしてる。
店を出てモノレールに乗って移動。
少し上空からの目線で、建物がひしめきあい光あふえれる夜の街を走って行く。
議事堂のような立派な建物の前に大きな初号機が立っている。
アニメそのものがそこにいる。
わたしは一緒に居た人たちと「すごい!本物のエヴァだ!!」と大興奮。
モノレールを降りるとそこはショッピングモールっぽい駅。
ちょっと混乱していて、警備のロボなどがいる。
ちょっと外の様子を見ようと思って入り口に向かうと、大型ロボが次々やってきた。
わたしが狙われているわけではないものの、直感的にヤバイと思って中に戻る。
すると人探しの掲示板の前におじさん(といっても不思議生物)がいて、
掲示板の女性っぽい不思議生物の写真を指して「この妻を探しているんだ」という。
見つかるといいなと思う。
・・・おわり・・・
●2011年 2月10日(木)
いけすのようなところ。
魚だけでなくペンギンもいる。
地上?には柵が無い為、ペンギンなどは気ままに移動している。
それをみて一緒にいる人がかわいいね、という。
わたしはあっちには(ペンギンが移動してった場所)サメがいるよ、という。
みんなで行くことにする。
サメ(と言っても体長50~60cmといったとこか。色は白くて目も深海魚のようで、歯は長くて、気持ち悪い)がやっぱり足下を泳いでい。
気がつくと男の人がそのサメを手でもっていた。
片手で体を持って、もう片手は口の中に突っ込んでノドを引っぱりだすような感じで持っている。
そうするとかまれないよう。
今度はわたしが持つことになる。
手を口の中にいれるときにかまれないかこわかったけど、無事に持てた。
・・・おわり・・・
●2011年 2月12日(土)
モンハン一番くじみたいのを見かける。
1等は5~6種類くらいあって、1mくらいある大きなぬいぐるみ。
アイルーとデフォルメモンスター。
わたしはティガのが欲しいが、どうしてもゲットできる気がしない。
他の売り場に行くとアイルーのしか残っていなかったがトライすることに。
くじではなかった。
ペイントボール(に見立てたもの)を投げて、そのあとに捕獲玉(に見立てたもの)を投げて両方当たったらゲット。
賞品が凄く近いところにあったので、あっさりゲット。
「ほんとはティガが欲しいんだけどな~」
とつぶやくと、売り場の兄ちゃんが「ティガならあっちの売り場にまだありますよ~」とさっきの売り場を教えてくれた。
そっちの売り場に戻ると、ティガはまだあった。
・・・・・
誰かを守る為に女性が室内の湖に入水自殺をする。
水の中に入る感覚。
・・・おわり・・・

●2011年 2月15日(火)
水没ショッピングモール(アーケード)。
脱出しようと通路を進む。
途中途中で各お店の様子を見る。
・・・おわり・・・

●2011年 2月18日(金)
だれかがテレビを見ている。
うみねこのアニメをみている。
どうやら完結したらしく見ている人が「驚愕の結末だよ!」
というのでわたしは「戦人が全ての犯人だったとか!?」と言うと、その通りだった。
・・・おわり・・・
●2011年 2月21日(月)
わたしは小学生くらい。
わたしは団地っぽいところに住んでいて、引っ越しをするらしい。
引っ越す前に同じところに住んでいる(ぽい)好きな男の子に精一杯の挨拶をしにいく。
自動扉ごし。
どうやら両想いらしいが、男の子の方は素直にならない。
気持ちは伝わるが、はっきりとはしない。
そして扉はしまってしまう。
すごくすごくもどかしい。
タワレコのようなところでレンタルしていたCDなども返しにいく。
女性歌手のCDとブロマイド。
店のレジで男性店員に渡す。
するとブロマイドについて何かまずっていたらしく(どんなかは忘れた)店員に言われるが、わたしは悪くない。
借りるときに女性店員がなかば押し売り的にしてきたことを話すと、それは仕方ないなぁと納得してもらう。
気付くと私の後ろにレジ待ちの列ができていていて、申し訳なくなる。
・・・おわり・・・

●2011年 2月23日(水)
DTBの黒と並んで歩いている。
黒はいつもの黒い恰好(コートは着ていない。)
・・・・・
TDLぽいところでなにかコースター系アトラクションに乗ろうとするが、
係員に止められる。
・・・・・
ゲーセンを歩いている。
気付けばカジノっぽい。
チャイナドレスを着たセクシー姉ちゃんとすれ違う。
・・・・・
学校の図書館のようなところ。
禁書の上条さんがシスターを肩に担いでいる。
助けている途中らしく、わたしも同行している。
図書室には屋根裏にのぼるハシゴがある。
そこを登る。
そこは、ある身分がないと登ることが許されないらしく、
登っている=身分のある人だと学生達が気付き、どよめきながら一斉にこちらを見る。
そんなことには一切構わず登るわたしたち。
・・・おわり・・・

●2011年 2月24日(木)
あのカフェ(犬連れ可)に行きたい。
繋がっているもうひとつのお店も気になる。
近寄って看板を見てみる。
が、今日はもう店じまいらしい。
・・・・・
学校内を同級生の人と隠れながら逃げ回る。
見た目は普通だが、ゾンビな生徒たちから。
・・・おわり・・・

●2011年 2月27日(日)
どこかの室内。
窓の外は暗い。
見ていると雪が降ってきた。
真っ暗い中に白い雪でとてもきれい。
喜んでみていると、「雪だー!」「すごいねー!」といった文字が右から左に流れて行った。
それをみて更に、なにこれ!すごい!と大騒ぎ。
・・・おわり・・・

●2011年 2月28日(月)
飛行機に乗ってロシアへ行く。
現地に長期滞在している友人に、来てたの!と驚かれる。
これからはどんどん外へ行くべきだよな、と確認。
戻ってきたあと再度ロシアへ。
空港で見つからないように逃げ回る。
・・・おわり・・・

●2011年 1月1日(土)
高級高層マンション。
ガラス張りの高速エレベーターで下るが、怖い。
エレベーターを降りるとそこはデパート。
おもちゃ売り場でモンハンコラボレゴを見つける。
売る場にしゃがんで商品を漁る。
犬を連れているはずだが、見当たらない。
後ろを振り向くと青年の足下にいるので、
「こっちおいで!」と言って、ニニを抱え込む。
・・・・・・
公園で密売を目撃、追いかけられておまわりさんに助けを求めるも相手にしてもらえない。
・・・おわり・・・
●2011年 1月2日(日)
友達の本屋に何かが紛れ込んでいる。
・・・おわり・・・
●2011年 1月3日(月)
どこぞの屋敷。
おばちゃん(おばあちゃん?)に、(オタク的)物欲を全否定される。
わたしは、
「そんなこと否定される道理はない!楽しみがないのなら生きている意味がない!」
と本気で反論。
この屋敷には神にーさまがいる。
メイドをしている女の子たちも沢山いる。
・・・おわり・・・
●2011年 1月4日(火)
房総の町。
大雨、海辺の崖?に居る。
・・・おわり・・・
●2011年 1月5日(水)
霧の中を誰か(禁書目録とかの能力者とかみたいな男)の運転するバイクの後ろに乗って走る。
その男は霧が好きらしい。
・・・おわり・・・
●2011年 1月6日(木)
友達とディズニーランド。
どこかの建物に入ると、なにかの控え室みたいで女子が数人いた。
(中学の同級生の)まりちゃんがいたので「あ、まりちゃん!」という。
そして私たちは舞台「ロビンフッド」に出演するらしく、しかもわたしはロビンフッド役。
なんも知らない状態で大丈夫かな、と心配しつつもその辺にあった巻物を体に巻いたりして
それっぽいかどうか人と相談している。
すると係員が来て「アーノルドシュワルツネッガーからロビンフッド役にプレゼントが届いています」と言う。
わたしは、驚いた。嬉しかった。
・・・おわり・・・
●2011年 1月8日(土)
(ふつうな)住宅街めぐり。
・・・おわり・・・
●2011年 1月9日(日)
だれか女の子と一緒にいる。
嫌いな人(男)から逃げている。
その人はわたしのことが好きで追いかけている。
・・・おわり・・・
●2011年 1月10日(月)
わたしは漫画家になりたいわけじゃい!
漫画が描きたいわけじゃない!
(イラストを描きたいだけ)
ということを誰かに必死に訴えている。
・・・おわり・・・
●2011年 1月12日(水)
東京タワーに登る。
登山電車?みたいので登る。怖い。
展望階にはしょぼいドッグカフェがある。
・・・おわり・・・
●2011年 1月13日(木)
本屋ぽいとこ。
階段で地下売り場に降りる。
気になっていたけど、どういう曲か分からなくて躊躇してた初回限定シングルがある。
店内で丁度その曲がかかっていて、それはすっごい好きな曲のカバーだった。
嬉しくてその場で買うことにした。
友達がどうしたのかと聞いてきたので、それを説明。
・・・・・・
アニメの中に視聴者として入っている感じ。
すごい力で海を割るウソップ的なキャラ。
壮大で感動的な場面。
だが、もう一人の視聴者が「このキャラにこんなことさせる必要なくね?」と言う。
・・・・・・
パン屋の前。
ガチャガチャをする。
三角形のロボみたいの2種類。微妙。
・・・おわり・・・
●2011年 1月14日(金)
軍隊みたいなとこで訓練されたり、
そのあとリラックスタイムで軍隊のアメリカ人の女性といちゃいちゃ。
小山田圭吾にお金借りて返して(500円くらい)、
これから食事に行くけど、新垣結衣が来るけど来る?って誘われて行ってみたり、
行ったら違う人が来てたり(モデルとか女性シンガーとか)。
・・・おわり・・・
●2011年 1月17日(月)
ライブ会場の外に居る。
すると牧野由依(夢設定でマカ声優)が来た。
わたしはドキドキしながら近寄って話しかけてみたりした。
いい雰囲気。
そのうちに意を決して丁寧に「わたしの名前を呼んでくれないか」と頼んだら、すごく嫌がられた。
そのあとステージを外上方から覗いてみると、バンドがライブをしていたが、客が2.3人しかいなかった。
・・・おわり・・・
●2011年 1月20日(木)
夜。
うちに帰りたいけど、道に迷っている。
狭くて店がひしめき合ってる道をさまよう。
コーヒー屋があったので、そこで道を訊くことにする。
そこの奥さんが親切にしてくれて、
お店の2階の自宅に招いてくれてクッキーをくれたりした。
無事に帰れたらお礼がしたい。
・・・・・・
タクシーに乗ってる。
けっこう飛ばしてる。
工事中のコーンもはねとばして進む。
・・・・・・
古くて狭くてきたないアパートみたいなとこに住んでいる。
(発展途上国の家みたいな・・・アフリカとか)
風呂トイレ一体型のがなぜか2つある。
こんなところに住むのはもう我慢の限界。
・・・おわり・・・
●2011年 1月21日(金)
とある家族が、ファミコンのマリオとかドンキーコングみたいなゲームをもとに、
何か雑貨を作ったらしく嬉しそうに見せてきた。
・・・・・
本屋。
漫画コーナーがあると思ったら、変わっていてビジネス書らしきものしかなかった。
・・・おわり・・・
●2011年 1月24日(月)
数字が浮かんできた夢。
3 5 18 …
空間から上半身を出してきている青っぽい男の子。
妖精かなにか、人間ではない存在。
・・・おわり・・・
●2011年 1月27日(木)
暗くなった空に、大きくて丸い穴が開いている。
風が吹いている。
穴のなかは赤く光っていて、いまにも何かが出てきそう。
(・・・そのあと色々面白い展開があったのに思い出せない。)
・・・おわり・・・

●2011年 1月28日(金)
宇宙空間を戦闘機に乗ってゆるやかに飛んでいる。
スターウォーズとかみたい。
・・・・・
海辺の倉庫街みたいなところ。
赤い芋虫みたいのが地面に沢山。(翌日のふしぎ発見!に出てたのと似てる。)
・・・おわり・・・
●2011年 1月29日(土)
話題のジェラード屋さん。
間口の狭く細長いお店。
結構混んでいる。
誰かと一緒に入ってみることにする。
2階のテーブル席へ通された。
メニューを見て、カスタード&ミルクのジェラードに決め、注文をした。
しかし待てども待てども来ない。
周りをみわたすと、他の客はもう誰もいない。
店員に言うと、注文したのとはまったく違う食事が運ばれてきた。
・・・おわり・・・
●2011年 1月31日(月)
中学校。
廊下側、一番後ろの席に友達が居る。
わたしは他所のクラスだが、お弁当を一緒に食べる事になっていた。
友達に「この席平気かな?」と聞いて、適当な席に座る。
・・・・・
どこかの部屋?店?に居る。
何かを手に取り、外に出る。
おばあちゃんに会う。
わたしもおばあちゃんもこれから(おばあちゃんの)家に行くところ。
だから一緒に歩く。
そのまま一緒に家に行くもんだと思っていたら、
途中でおばあちゃんは、じゃあここでと別れてしまった。
わたしは一人で家に行く。
家に入ると、親戚(夢オリジナル)が集まっていた。
親戚の女の子たちとおもちゃで楽しく遊んでいる。
すると隣の部屋から親戚の兄ちゃんが来た。
黒いスーツを着ている。
兄ちゃんの妹はシナモンロールだ。
兄ちゃんが「服を着替えたか?」と聞くので、
「うん、着替えたけど、早く脱ぎたい」と行って寝転ぶわたし。
黒いミニのワンピースを来ている。
・・・おわり・・・

Copyright © draconis. All rights reserved.