draconis

DREAM

●2010年 12月8日(水)

ネットで知り合った人たちと同人誌を作り即売会に出ることになっている。
気付けば明日がその即売会、だが本が出来ていない!
原稿1ページも描いてない!
やばい、何か描かなきゃ!
と思うも眠くて眠くてどうしようもない。
そして当日、しかももう即売会が終わりそうな時間。
仲間と合流(初対面)。
本が出来なかったしもう終わりそうだけど、とくに問題なかった。
C社内(夢オリジナル)ポケモンのフィギュアなどが沢山あって楽しい。
外で、仲間と飛ぶことになる。
藁の束を掴んで、それをホウキにみたてて飛ぶ。
私は仲間の後ろに乗る(乗る?)。
そしてロス(だと仲間が言っていた)の上空を飛ぶ。
海沿いの町(といっても民家がぽつぽつある丘みたいな感じ、すごく良い雰囲気)の少し上空。
すごくすごく楽しくて、戻ってきてから「今度はわたし一人でやらせて!」と頼む。
わたしは同じように藁の束を掴み、ホウキにみたててまたいだ。
そして飛んだ。
ホウキを自分の前に縦にするとブレーキ、下げるとアクセル。
あと上下左右はなんとなく、その方向に。
ちょっと拙い操縦だったけど、十分だ。
家や海の少し上(5mくらい?)を飛んで行く。
しばらく飛んで皆のところへ戻る。
仲間から「どうだった?」と聞かれて「楽しかったよ!」と笑顔で答えた少し後、
あまりの感動に涙が滝のように出てきた。
・・・おわり・・・
●2010年 12月17日(金)
六本木駅(夢オリジナル)構内のお菓子(チョコ系)の量り売りを買いたいところ。
真綾に出会う。
駅の地下へ階段を降りて行く。
作業員のおっさんが何人かいる。
親切に道順を教えてくれる。
真綾に出会う。
・・・おわり・・・
●2010年 12月18日(土)
グレートデンくらいに大きな犬(濃い茶)2匹に囲まれる。
やばい!と思っていたら、更におおきな母犬(グレー)が来た!
すごく威嚇してて、さっきよりも更にやばい!と思っていると、左手首あたりに噛み付かれた。
まだ本気噛みではない。
すごく怖いけど、「はっ、怖がっちゃいけないんだ!」と思い、
必死に怖くない怖くないと考えていると、ほんとに怖くなくなった。
すると、母犬は離してくれた。
分かり合えた。
・・・・・・
山登り。
頂上に着いて今度は下る。
下っていると、自転車レースの自転車が横をすごい勢いで走り降りて行く。
すごい。
と傍らでは犬を散歩してる人がちらほら居る(ミニチュアダックスとかチワワとか)、
こんなとこで散歩すんなよ、と思っていると、フン放置しだした。
わたしが「フンちゃんと持って帰りなよ!」と注意すると、
「あとで持って帰るの!」と逆切れされたので
「今持ってけ!」と言いかえす。
・・・おわり・・・

●2010年 12月19日(日)
友達と同居している。
友達と電車に乗ってどこかへ行く。
ラスベガスのように派手で大きなホテルの中を通る。(裏口から)
また別の日、同じように出かける。
今度は別の誰かと一緒。
電車を降りてホテルへ向かうも、道順の記憶がちょっと曖昧。
不安になりながらも歩いていくと、見た事がない派手で大きなホテルがあった。
「あ、これがあのホテルの正面か!」
・・・・・・
駐車場で数人でウテナのコスプレをする。
わたしは樹璃。
夢オリジナルデザインの制服を着る。
なんか似合ってなくてガッカリする。
・・・おわり・・・
●2010年 12月20日(月)
誰かがジャム爺と一緒にゲームするという。
ずるい!と言う。
・・・おわり・・・
●2010年 12月29日(木)
どこかの田舎っぽい場所。
畑の横にある水の流れのところで野球のユニフォームを着た男の子が遊んでいる。
をの先は深くなっている。
危ないなと思って「おーい」と声をかけたら、男の子がこっちを見た。
と同時に水に沈んで見えなくなった。
大変だと思って回りにいる人たちに声をかけて様子を見に行った。
川の流れの先は大きな水槽のようにガラス越し断面が見える。
だけど男の子はいない、ユニフォームだけが漂っている。
だれかが「この島を出よう!」と言いだし、皆でこの島を脱出することに。
それには、ボス(おばあちゃん)と手下をかいくぐらなければならない。
そのために下準備をする。
それを知った目の見えない子ども達が
「僕たちは一緒に行けないけど、応援したいから
当日、歌を歌って見送りするよ。」
というので
「そんなことしたら奴らに気付かれてしまうよ」
というと
「気付かれないくらい小さい声で歌うよ」
という。
かくして当日。
食堂のようなところから出発。
子ども達が席にすわって、小さくてきれいな声で合唱している。
感動。
ふと見ると本棚があって、そこには古い文庫本があり、見てみるとわたしのものだった。
「これ持ってっていいかな?」と確認する。
敵の幹部みたいのが一人ずつ現れては、こちらも一人ずつ挑む。
一人目は忘れた。
二人目は、こちらの大桃美代子みたいな人が相手をしている間に先に進む。号泣。
3人目は日本刀の男。
こちらも日本刀の男が対応。
構えてにらみ合う二人。
・・・おわり・・・
●2010年 12月30日(木)
高速道路のような所にいる。
わたしは手にもっている飲み物を少し地面にこぼしてしまう。
すると、車が結構な勢いでわたしたちの目の前で止まり、
笑顔のウォルト・ディズニーが降りてきた。
ウォルトはわたしに「どうしたのかな?」と言う。
わたしは「飲み物をこぼしてしまった」と言う。
するとウォルトはホウキのようなもので、ささっとこぼしたところを掃く。
きれいになった。
ウォルトはまた車に乗って去って行った。
さすがディズニーだね!、と関心する。
そして道を歩いているとトラックが走っている。
トラックの上にはバルーンが乗っている。
良く見るとそのバルーンはモンハンのだ。
ナルガだ。
・・・おわり・・・

●2010年 12月31日(金)
超跳躍の夢。
ショッピングセンターを跳躍で回っている。
庭みたいなところで工事をしている(ヨーカドー木場みたいな)。
よくみると工事現場のギリギリのとこの地面にネズミの親子がいる。
グレーのふわっふわでとてもかわいい。
親は地面に埋まっていて、子どもが親のそばで鳴いている。
わたしは、逃げられてしまうかもしれないけど、手にもっていたクッキーをあげようと思った。
クッキーを手に持ってしゃがむと、子ネズミがちいさな手で受け取って食べ始めた。
うれしくてもう1枚クッキーを出した。
すると親ネズミが地面から出てきた。
・・・・・・
マカが出ているマンガを見ている。
・・・おわり・・・
1年の締めくくりががマカとは、良く出来ています。

●2010年 11月6日(土)
光学迷彩に追いかけられる。
自宅内で逃げ回るが、限界を迎え外へ逃げだす。
一目散に人が沢山いそうな所へと行く。(代々木上原?)
ソフマップのような店に入る。
・・・おわり・・・
●2010年 11月9日(火)
緩やかに墜落中の巨大飛行船(?)。
館内の一部は水が溢れてしまっている。
・・・おわり・・・
●2010年 11月10日(水)
崖みたいな場所。
谷間の道で吹奏楽のパレードをしている。
あずにゃんがトランペットを吹いている。
それを唯と一緒に見ている。
・・・おわり・・・
●2010年 11月11日(木)
どこかの駅前。
大きな黒い円柱がある。
それに触れると、なにも無いと思っていたのに扉が開く。
中に入るとエレベーターになっていて、動き始める。
しばらく上ると、こんどは横に移動し始めた。
チューブの中を移動しているようだ。
ガラス窓から外が見える。
普通の通りだ、その上をこのエレベーター(?)は走っている。
エレベーターが着くと、そこはビルの中、お店(雑貨屋)の中。
・・・おわり・・・
●2010年 11月19日(金)
下北沢。
どこかの店内にいる。
新しいお店(カフェ)が出来たというので、そのお店に行く事にする。
そのお店は、今居るお店の目の前だった。
新しいカフェはヴィレバンのようにいろんな雑貨なのも扱っている。
とりあえず店の奥のカウンターに行く。
カウンターにはショートヘアの40代くらいの細身のおばさんがいる。
その人に飲み物を頼む。
飲み物を受け取り、店内の好きテーブルにつく。
一旦飲み物を置いて店内を物色。
・・・おわり・・・
●2010年 11月22日(月)
プールテーマパークと複合商業施設が合体したようなところ。
園内に入ろうとするが、入り口(トンネル状)がプールの水で水没している。
わたしは水着じゃないのでそこから入ることが出来ず、別の入り口を探す。
ショッピングモール、映画館、フードコートなどを歩き回る。
・・・おわり・・・
●2010年 11月28日(日)
公園のグラウンドの金網フェンスを上っている。
小さな男の子に声をかけられたので、下に降りてその男の子とお話しをする。
そうしていると、知り合いの女子がやってきて「なにしてんの?」とわたしに声をかける。
わたしは この男の子とお話しをしている と言うつもりで男の子の方をみると、誰もいなかった。
やばい、幽霊だった、とぞっとする。
・・・おわり・・・
すすす少ない!

●2010年 10月2日(土)
どこかの大きな駅ビルみたいなとこ。
大きなガラス窓から外を見ると、ロケット発射場で大きなロケットが見える。
赤青。
ロケットのまわりには放射状に赤青の何かが配置されている。
とにかくすごい風景で、歓喜。
・・・おわり・・・
●2010年 10月3日(日)
HEROMAN最終回別ver。
敵を倒すジョーイとヒーローマン。
爆発に巻き込まれる。
生死は不明。
お姉ちゃんのアップ。
涙を流している。
説明は無いが、死んだ模様。
・・・おわり・・・
●2010年 10月4日(月)
ゲームセンター。
格闘ゲームの対戦を誰かとする。
100円玉を入れようとするが、なかなか入らない。
そうこうしているうちに始まってしまう。
とりあえずプレイするも、技の出し方がまったくわからず逆ギレ。
そのあとプライズコーナーへ。
けいおん!グッズがたくさんある。
・・・おわり・・・
●2010年 10月11日(月)
ポケモンとHaloが混ざった夢。
アーケンをビームで撃っている。
・・・おわり・・・
●2010年 10月19日(火)
何かのアニメキャラ(ルッキーニ???)と地球上空を飛んでいる。
光の速さで飛べるので、地球をぐるぐる回り続ける。
そのうちに気付くと宇宙の果てのような空間に居ることに気付く。
真っ暗で地面はないその空間には赤・青・黄色・オレンジ・紫など、
カラフルな平面な四角が浮いている。
プロジェクターで宙に映している感じ。
こんなところに来てしまってどうしよう…と怯えていると、
ここの管理人(作業着のおっさん)と助手(弱気なアメリカン)が(歩いて)やってきた。
・・・・・・
バンドのメンバーだった。
大所帯バンドでさまざまなメンバーがいる。
学校の教室みたいなところで撮影するらしく、カメラマンに座る場所を指定される。
そのあとアルバムジャケットの衣装の相談。
・・・おわり・・・
●2010年 10月20日(水)
母・叔母とどこかの山へ観光。
山を登るリフトに乗る。
3人乗りでわたしは左。
えらく不安定。
そのままリフトは、どんどん地面が遠くなり。
眼下には山。
恐怖。
降りて観光。
スターツアーズのようなものに乗る。
もう一度リフトに乗る。
今回は怖くない。
・・・・・・
修学旅行。
ホテルにて自分の部屋へ向かうべく、階段をあがっていく。
しかし自分の恰好は裸にバスタオル。
おまけに廊下にはたくさんの生徒。
どうしてもタオルがうまく巻けないので、いっそ駆け抜ける。
少し迷うも自分の部屋(5○○号室)に到着。
中に入って落ち着く。
すると、高校のクラスメイトの男子(名前思い出せない)がおかしを持ってきて去って行った。
・・・・・・
仲間とふたりで男を追いかける。
結婚式場のようなところ。
男はこちらに気付き、外に出て走っていく。速い。
こちらも二人で追いかける。
なんとか追いつくも、また逃げられる。
二手に分かれて追いかける。
わたしが男を回りこむかたちでとらえる。
「さすがだな。」「まあね!」的な会話をする。
・・・・・・
勉強をしたい。
でもぜんぜんわからない。
塾に行くことにした。
あの通りにある塾で教えてもらおう。
塾の入り口を探す。
庭園の入り口のよう。
入り口に看板があるので見てみると、料金表だった。
30分3000円ほどかかる。
高い事に呆然とする。
・・・おわり・・・
●2010年 10月24日(日)
アイドルグループの握手会。
なんかアイドルの気を引くと、そのコの名刺が貰えるらしい。
わたしの前の人が貰っていた。
みてみると油揚げ。
貰った人はその場で油揚げを一口かじって食べる。
すごくおいしいらしい。
わたしはうらやましくて、いいな~!と言いながら匂いをかがせてもらう。
すごくおいしい匂いがする。
持ち主はかじっていいですよ、と言うが、わたしは「いいよいいよ!」と遠慮する。
その様子を見ていたアイドルが「あの~あげますよ」と言ってわたしにも揚げをくれた。
私は近くに居た人に、その油揚げをどう料理するか聞いてみた。
その人のレシピは
1.マッシュポテトを作って、お団子にまるめる。
2.それを挽肉で包む。
3.2をお鍋で油揚げと一緒に煮込む(醤油ベース)。
そのレシピを聞いて「うわーおししそうだなー!」と思っていると、
ちょうどテレビでその料理を紹介していた。
そのテレビではお団子ではなくて串にさしていた(棒つくねみたいな見た目)。
それもおいしそうだ。
・・・・・・
空港にて。
わたしはジャンボジェットを牽引している。
駐車場に止めたいのだが、車で満車。
ここは第一駐車場。向こうがわにある第二が飛行機専用らしい。
一旦建物に入って、そこらにいた幼女に第二の様子を見てきてもらう。
しかし待てど暮らせど幼女は戻ってこず、心配する。
しばらくすると戻ってきた。
なにかのっぴきならない事情で遅くなったらしい。
それを聞いてわたしは幼女を抱きしめて泣いた。
・・・おわり・・・
●2010年 10月25日(月)
天井が高いビルの広場(丸の内的)。
車の屋台でランチ。
キジパン2個とスープとサラダのセットで400円。安い。
キジパンのキジとは鳥のキジのこと。
20cmくらいの丸い形でキジの羽(一つは黒っぽい、もう一つは白っぽい)で覆われている。
なんでもまんまキジなんだそう。
キジパンをちぎって一口食べてみると、すっごくおいしい!
こんなにおいしくてボリュームもあってこの値段でいいね!
・・・おわり・・・
●2010年 10月26日(火)
CUNEのバイト面接に行く。
すると社長っぽい人がわたしに、見下げるようなポーズを要求してきたので応じると、
すごくいい!とのこと。
モデルとして採用された。
・・・おわり・・・
●2010年 10月27日(水)
ログハウス的なところに多人数で一時的に引っ越してきていた。
今日は戻る日なので各自荷造りをする。
荷物は少ないはずなのに、手間取ってしまい焦る。
・・・・・・
アイドルといっしょに居る。
なんのアイドルかよくわからないので調べる。
翌日そのコに、こういうアイドルだったんだねー、と言うと、
「まだ病気なおらないの!?」と詮索したことを怒られる。
そのことをあいつに聞いたというので、
あいつは酷いやつだから縁切ったほうがいいよと勧める。
・・・おわり・・・
なんかアイドルとか多い。

ひと月毎にまとめてアップすることにした。
こうしてみると、あんまみてない(覚えてない)な〜。
●2010年 9月2日(木)
巨大ショッピングセンター。空いている。
英語。
●2010年 9月5日(日)
スタバのようなカフェ。
レジで会計をしている。
わたしが支払う金額は302円、お金を出す。
だけど、ふとメニュー表を見ると「303円」と書いてある。
あれ?と思って、財布から1円を出す。
店員がレジを操作し「302円です」という。
あれ、302円でよかったのか、と1円を取ろとするが、店員のほうが早くとってしまう。
店員は「1円多くない?」と隣の店員に言う。
隣の店員は「不明金でしまっとけば?」といって、全部しまってしまった。
もらったレシートには御丁寧に302円と不明金1円が記載されている。
わたしは「ああ・・・」と思うも、まあ1円くらいいいか、と席につく。
だけど、あの1円のことが気になってしょうがない。
1円くらい別にいいんだけど、店員の態度が気に食わなかった。
そこへ知人が来たので、1円のことを相談すると、
「言ってきたら?」というので、レシートをもって言いに行くことにする。
・・・・・・
スーパー。
知人のモデラーが公開制作をしている。
・・・おわり・・・
●2010年 9月9日(木)
自分がAKB的なものになった。
「AKBが自由にうろついているビル」にファンたちが遊びにきている。
とはいうものの混乱を避けるために使用するエスカレーターはAKB専用になっていて、
そのエスカレーターを張っていれば必ずメンバーが通るから、ファンたちが見守っている。
AKBのコスチュームはパニエ&ピンクのフレアスカートにAKBロゴのTシャツ。
わたしは他のメンバーと一緒にエスカレーターを降りる。
カフェで休憩しているとき「ファンが立ち入れないお店ってないの?」とほかのメンバーに聞くと、
「あるよ!」といって連れてってくれた。
そこは働いている人も芸能人だった。
お店に入ってカウンターに座ると、外国の血が入っていそうな若い女の子が入ってきた。
その子は、攻殻機動隊の歌を歌っているという。
芸名はフェイ・ウォンみたいな中国ぽい名前で、本名は日本人の名前だった。
・・・おわり・・・
●2010年 9月9日(木)
カルディみたいな店。
商品・什器共にとても少ない。
わたし含む店員たちは店で住んでいる。
ワンルーム的な。
ある日、トイレとお風呂の位置が入れ替わっていて、とても不満に思う。
・・・おわり・・・

●2010年 9月13日(月)
トイレ。
夢でよくみるオープン型。
開いてない。
生理だらけ。
・・・おわり・・・
●2010年 9月14日(火)
(起きなきゃと思ってるから、現実とごっちゃになってる。)
ベッドの上から洗面所をみると、知らない姉弟がいる。
・・・・・・
ベッドの前に怪しい大男が立っている。
・・・おわり・・・

●2010年 9月20日(月)
広大な空港みたいな場所。
散歩できる庭、というか山、というかとにかく広い場所がある。
そこで飼い犬を散歩させている。
他にも沢山の人が犬の散歩をしている。
うちの犬はなぜかノーリードで、他の犬の方に走っていってしまう。
あんまり遠くに行くなよ~と声をかけるが、みるみる遠くに行ってしまい、ついには見失う。
やばい、うちの犬が迷子だ!
空港施設内を、犬の名前を呼び続けながら探す。
しばらく探しているとスッチーに声をかけられ、麩まんじゅうのようなものを押し売りされる。
急いでいるので振りきる。
大家族がくつろいでいる和室がある。
その大家族の間をくぐりぬけ、和室を進んで行く。
するとドアがあって、中は薄暗くて広い和風の展示室のようなところ。
その中でうちの犬が、畳ベンチに背中をくっつけて寝ていた。
よかった見つかった!と犬をだっこする。
・・・おわり・・・
●2010年 9月2?日(?)
ディズニー(お土産屋さん)でバイト。
シフト表の発表で、パーク内に1店舗、パーク外に2店舗あることが判明。
パーク外に配置されそう。
・・・おわり・・・
●2010年 9月27日(月)
ドラゴンの赤ちゃんを抱っこしている。
大きさは多分1.2mくらい。
両手でがっしりかかえる。
ふにゅふにゅした手触りでとっても可愛い。
目の前には親ドラゴンの巨大な口。
モンスターナイトメアをふっくらさせたようなデザイン。
・・・・・・
ツイッターのフォロワーの女子とデート。
その人の容姿は夢オリジナルの男装風。
本屋に行ったり電車に乗ったり。
・・・おわり・・・

●2010年 9月30日(木)
ステーキ肉が安く売っている。
買いにいくと店員さんが良い肉を見積もってくれる。
が、脂身が少ないのが良いのでそのことを伝えると、
これがいいよ!といってアジの干物をだしてくれた。
迷うがおいしそうなので買う事にする。
・・・おわり・・・

●2010年 8月18日(水)
雇っている従業員に渡すお金がない!
銀行はもう閉まっている時間。
でもいちおう銀行をのぞいてみると、やってた!
・・・おわり・・・
●2010年 8月22日(日)
いつものパソコンの前。
地震?
勘違いかもしれないと思い、少し静止してみる。
いややっぱり揺れている!
パチンコ台だってゆらゆらしている!
震度は2~3くらいか?
・・・おわり・・・
●2010年 8月24日(火)
この建物の上にニアが捕われている!
この鍵を持って助けに行こう!
みたいなシチュエーション。
とりあえず仲間たち二手に分かれて、
わたし含めた3人組が鍵をもって赤い螺旋階段を上っていく。
けっこう上ったところで鍵をもっている人が
「鍵を落とさないようにね!」と注意された途端に鍵を落とした。
鍵は地上に落ちていく。
が、その先に仲間がいたので大丈夫そうだ。
「拾っていくから、そのまま上って!」と声をかけられる。
落とした本人は手すりから身を乗り出すあまり、自分も落ちてしまった。
わたしともう一人は頂上を目指す。
頂上に着くと、そこは単なる何も無いビルの屋上だった。
しかもすっごく狭いうえになんか傾いてる!?
足を滑らせたら終わりで、どうしたものかと思う。
周りをみまわすと、すぐ近くに2つのビルがある。
いずれも軽々とジャンプで渡れる近さだ。
ひとつは今いるビルと同様、せまくて傾いている。
もうひとつは、今居るビルよりも大きく、丁度渡れそうなフロアは、誰かが住んでいる部屋だ。
ベランダの窓が開いている。
このままここに居てはいずれ落ちて死んでしまうから、
とりあえず誰だかの部屋におじゃますることにする。
ジャンプでベランダに跳びうつり、部屋に入る。
誰もいない、と思ったら、風呂上がりっぽい白いショートヘアの男がでてきた。
その男は違う部屋に入っていく。
しばらくすると、車輪付きに台におおきな魚(まぐろ?)を乗っけてでてきた。
・・・おわり・・・
●2010年 8月26日(木)
ハイスクールオブザデッドな面々。
草刈りのようなことをしている。
すると、両手に黒い羽の扇子を持った女性が現れる。
女性は扇子を羽ばたかせながら走って逃げる。
わたしたちは追う。
女性の羽はやがて本人と合体し、黒い大きな翼となり、そのまま飛んで逃げる。
わたしたちは女性が向かった方向へなおも追い続ける。
いつのまにかわたしは女性がもっていた黒い羽扇子を持っている。
わたしも飛ぼうと両手を羽ばたかせながら塀の上を走る。
もうすぐ女性が逃げ込んだと思われるビルだ!
ビルに着くまでに飛べるか!?
飛べずにビルに着く。
女性は居ない。
鞠川校医が漏らしたので、皆でワイパーで掃除する。
・・・・・・
わたしは小さな部屋の中に立っている。
ほかにも人がいる。
わたしはこれから手術を受けるようだ。
いつのまにか麻酔がなされ、目の前が真っ暗になる。
次の瞬間、また周りが見えるようになり、手術は終わっていた。
耳に何か装置のようなものが着いている。
耳に若干の痛みと違和感。
・・・おわり・・・
●2010年 8月27日(金)
偉大な漫画家は死なない。
・・・おわり・・・

Copyright © draconis. All rights reserved.